飲めば飲むほど益々効かなくなる便秘薬

飲めば飲むほど効かなくなる便秘薬の理由

 

 

便秘薬は飲めば飲むほど、効かなくなってきます。

 

その理由は、便秘薬に体が慣れてしまうのです。

 

つまり薬による耐性ができてきてしまうので、薬の量を増やしたり、強くしたりとかなり泥沼に落ちていきます。

 

その挙句に自分の中の排便機能まで低下するため、便秘の薬をやめられなくなってしまいます。

 

まさに薬漬けの便秘解消のスパイラルです。

 

なのでどうしてもという時以外は常時使わないことをおすすめします。

 

便秘を慢性的に改善していくには、体にむりをかけずに改善していくことが一番です。

 

→それを解決してくれるオススメのお茶は?

 

便秘に困ったらするっと抹茶お試し 詳しくは>>