便秘と切痔の関係、その連鎖を終われせるには?

便秘と切痔の関係

 

便秘と切痔を繰り返す。

 

便秘が慢性的になりますとそんな悪循環に陥ったりもしてしまいます。

 

その理由は溜まった便を力んだ状態で一気に排泄することにあります。

 

少しづつするっと出てくれればいいのですが、そうゆうわけにもいきません。

 

さらに便秘で溜まった弁は固い事が多く、力んで排泄すると同時に肛門を傷つけてしまうのです。

 

ウォシュレットなどでいくらか緩和できる部分もありますが、

 

やはり長い間便秘が続いていると中々力まないと出ないのも事実。

 

 

 


切痔と便秘の連鎖を撃ち切るには

 

切痔と便秘の関係はこれだけでは終わりません。

 

というのも繰り返すからです。

 

一度便秘になり傷ついてしまった、肛門に対し、便秘が慢性的におこれば、

 

再び傷ついた肛門を便秘の硬い便で傷つけることになります。

 

この慢性的な悪循環を治すには、

 

慢性的な部分を直さないといけません。

 

つまり日頃から便秘になりにくい習慣付けです。

 

そして、便がスルッとでる状態を作るのです。

 

それでは即効性のあるものではなく

 

→慢性的な部分から改善するにはどうしたらいいのでしょうか?

便秘に困ったらするっと抹茶お試し 詳しくは>>